美容整形でエラ削りを体験してみた感想

術前に3DCTと3D立体モデルでシュミレーション

今回相談した美容整形外科は国内でも幅広い美容整形手術を行っている大手のクリニックであり、自分が住んでいる地域の中でも一番大きなクリニックを選びました。
実際にクリニックにカウンセリング予約を入れ、医師の方に自分の骨格に対しての悩みなどを相談をしてみたところ、自分の顔の印象から見て下顎角広範囲骨切り術と呼ばれるエラ削りの治療を受けることで高い効果が得られると提案してもらえました。
そして驚いたのが術前に行うシミュレーション手術のわかりやすさで、3DCT検査と3D透明立体モデルを利用することで骨切りラインを決定する方法です。
模型上に骨切りラインを描いておくことで、実際の手術で正確なラインを定め綺麗な仕上がりにすることが出来るので、術前にどのような仕上がりになるのか自分自身でも理解することが出来たのが非常に嬉しかったです。
従来のエラ削りの治療というと、口腔内からの手術方法が一般的だったので術野が非常に狭いことや、下顎角が最も深い場所に合ったことかた広範囲の骨切りが行えないデメリットがありました。
切除量が少ないほど術後の外観が不自然になることや、術者の利き手によって左右に誤差が出てしまう特徴があったのですが、今回受けた手術方法は最低限の皮膚切開だけで下顎角後方からオトガイ部分の広範囲のエラ削りが行えたので、横顔から正面まで非常にバランスの整った仕上がりになりました。

美容整形でエラを細くしたい | 術前に3DCTと3D立体モデルでシュミレーション | 今回受けた手術はダウンタイムが短かった