美容整形でエラ削りを体験してみた感想

今回受けた手術はダウンタイムが短かった

今までエラを削る手術というとリスクばかりが高く、治療を受けるクリニックの技術によって仕上がりが左右されてしまう危険が高いものとイメージを持っていましたが、今回術前シミュレーション手術を通して確実に理想のフェイスラインを作り出すことが出来る手術方法を知って、安心して任せることが出来るなと判断出来たのは非常に嬉しかったです。
高い美容効果が高い手術ほど、術後のダウンタイムは長引くという意識があったのですが、今回受けた治療で驚いたのは腫れがそこまでひどくならなかったことです。
手術では骨切り部分のみを剥離する方法だったので、腫れが広範囲に広がることが無く最小限に抑えることが出来ました。
術後3日間はフェースバンデージを装着して患部をしっかり圧迫するので腫れがひどくなる心配はありませんでしたし、痛み止めも処方してもらったので以前親知らずを抜いた時と同様な痛みが数日続いた程度で、1〜2週間ほどで腫れは自然とひいたことやテープ固定なので抜糸の必要がない点も魅力的に感じました。

美容整形でエラを細くしたい | 術前に3DCTと3D立体モデルでシュミレーション | 今回受けた手術はダウンタイムが短かった